オリンピック

1964年東京オリンピックの動画(ドキュメント映画)を見る方法は?

1964年東京オリンピックのドキュメンタリー映画とは

1964年東京オリンピックの開催にあたり、オリンピック東京大会組織委員会は、東京オリンピック映画協会(1963年にニュース映画7社により設立)に対し東京オリンピックの記録映画の制作を依頼しました。監督は、黒澤明が諸事情から降板し、急遽、市川崑が務めることに決定しました。

市川崑監督は、自身とその妻で脚本家の和田夏十の名コンビに加え、新鋭脚本家の白坂依志夫と詩人の谷川俊太郎という布陣で、そもそも筋書きなどはないはずのオリンピックのためにまず緻密な脚本を描き、これをもとに壮大なドラマである『東京オリンピック』を撮るという制作手法をとりました。日本を代表するカメラマンとして世界的にも名を知られた宮川一夫が主導した撮影にも、アスリートの心情の表現を重視した演出や、超望遠レンズをはじめとする複数のカメラを使った多角的な描写などを駆使し、従来の「記録映画」とは全く性質の異なる極めて芸術性の高い作品に仕上げました。

しかしそれは、1936年のベルリンオリンピックを記録したレニ・リーフェンシュタール監督の『民族の祭典』と並んで、「芸術か記録か」という大論争を引き起こすことになりました。

さまざまな波紋を広げながらも、映画『東京オリンピック』は日本国内で12億2321万円の配給収入を記録。この記録は、その後の1972年公開『ゴッドファーザー』に抜かれるまで日本記録を保持しました。さらに、同年度のカンヌ国際映画祭では国際批評家賞、英国アカデミー賞ドキュメンタリー賞を受賞。また、映画館の他にも日本各地の学校や公民館で上映会が開かれたことから、その観客動員数は一般観客750万人、学校動員1600万人の合計2350万人で、事実上日本映画史上の最多記録であると言われています。

映画「東京オリンピック」のストーリー

ブルドーザーが鳴り、東京の街々は“東京オリンピック”の歓迎準備は万端整った。ギリシャに端を発した近代オリンピックの火が、太平洋を渡って、今、東洋の国日本に近づいている。羽田空港には、アメリカ選手団を初めとして、各国選手が到着した。万国旗のひらめく中、聖火は点火され平和を象徴する鳩が放された。翌日から競技が開始された。一〇〇米男子決勝ではアメリカのへイズが、走高跳男子決勝ではソ連のブルメルが優勝。つづいて、砲丸投男子決勝でアメリカのロングが女子決勝ではソ連のタマラ・プレスが優勝。円盤投男子決勝ではアメリカのオーターが、女子決勝では再度タマラプレスが勝った。そして薄暮の中で、熱戦をくり広げた棒高跳は、ついにアメリカのハンセンの上に輝いた。翌日、雨空だった競技場で、一万米決勝でアメリカのミルズが優勝、つづい男子二〇〇、女子走高跳、女子槍投とうが行われた。八〇〇米女子決勝では、イギリスのパッカーが優勝。競技場のあちこちでは美しく逞しい身体がゆき交う。いそがしく動く報道陣の群れを追うように、国歌が流れ、女子八〇メートル・ハードル期待の依田選手が口笛を吹いて緊張をほぐしている。体操では、日本選手が堂々と君が代を鳴らした。今度初めて参加した国もある、チャドだ。三名の選手が参加した。二度と来られないだろう。競技場の晴れの舞台で、独立国の責任と喜びを味わった。日本のお家芸、重量挙、レスリング、柔道も、予想以上の成績だった。フェンシング水泳、フリーライフル、自転車、サッカー、ホッケー、バスケット、水球、馬術、そして、バレーボールでは、東洋の魔女が君が代を鳴らした。カヌー、ボート、ヨット、競歩、近代五種と競技は展開し、オリンピック最後を飾るマラソンは、アべべの楽勝で終った。すべて終了した。メキシコで再会する日を祝して、聖火は太陽へ帰った。メキシコの国旗がメインポールに翻えっている。

制作 1965年

  • 総監督 市川崑
  • 監修 青木半治 今日出海 南部圭之助 田畑政治 竹田恒徳 与謝野秀
  • 脚本 和田夏十 白坂依志夫 谷川俊太郎 市川崑
  • 企画 オリンピック東京大会組織委員会
  • 製作 オリンピック東京大会組織委員会
  • プロデューサー 田口助太郎
  • 撮影 林田重男 宮川一夫 長野重一 中村謹司 田中正
  • 美術監督 亀倉滋作
  • 音楽監督 黛敏郎
  • 録音監督 井上俊彦
  • 音楽演奏 読売日本交響楽団
  • 技術監督 碧川道夫
  • 協力 防衛庁 警視庁 東京消防庁
  • ナレーション 三国一朗
  • 現像 IMAGICA

Sponsored Links

 



映画「東京オリンピック」を視聴するならU-NEXTで!

国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」では、1965年制作のドキュメンタリー映画「東京オリンピック」を配信しています。

映画「東京オリンピック」(1965年)を無料で視聴したい方には、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」をおすすめします。新規の登録から31日間は210,000本以上の見放題作品を全て無料視聴できますので、まずはお試しください。U-NEXTでは映画のほかにもドラマ、アニメ、バラエティー、ドキュメンタリー番組、音楽など豊富なジャンルの作品が見放題です。U-NEXTはスマホ・タブレット・パソコン等のデバイスで楽しめます!

U-NEXT 31日間無料体験はコチラから!

無料体験期間中に解約しても料金はかかりません!

.

なお、31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

U-NEXT(ユーネクスト)31日間無料体験とは?

U-NEXTに初めて登録する方に限り、最初の31日間は無料で映画・ドラマ・アニメなど21万本以上の見放題作品が全て無料で見放題、70誌以上の雑誌が読み放題になるというとっても嬉しいサービスです。さらに、600円分のU-NEXTポイントがプレゼントされるので、それを使って有料のレンタル作品を観たり電子書籍を購入することもできます。

31日間無料体験の2つの特典

特典1 31日間無料で見放題作品の動画が見放題・雑誌70誌以上が読み放題!

特典2 600円分ポイントがプレゼントされる!

U-NEXT 31日間無料体験はコチラから!

無料体験期間中に解約しても料金はかかりません!

.

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

U-NEXTの特徴・サービス内容・メリット

ユーネクストの特徴は・・・

ポイント1 配信作品数が多く、最新作も充実している!

ポイント2 「見放題作品」と「レンタル配信作品」の2種類がある!

ポイント3 U-NEXTポイントを使ってレンタル配信作品をお得に視聴!

ポイント4 さまざまなデバイスに対応!

ポイント5 ファミリーアカウントも含め1契約で4アカウントゲット!

ポイント6 ビデオ見放題サービス会員は70誌以上の雑誌が読み放題!

ポイント7 NHKオンデマンドの見放題パックにU-NEXTポイントが使える!

ポイント8 U-NEXTポイントを使って電子書籍が購入可能!

ポイント9 U-NEXTアプリで作品のダウンロードも可能!外出先でも視聴可能!

ポイント10 31日間の無料トライアル!

ポイント11 東証一部上場企業が提供するサービスだから安心・安全!

無料トライアル期間中は、見放題作品は31日間無料となります。さらに、600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作などの有料コンテンツが600円分無料で視聴できます。(ただし、一部ポイントが使用できない作品があります。)なお、無料トライアル期間中はいつでも解約可能です。つまり、簡単登録!31日間は見放題!31日間中はいつでも簡単解約可!

とにかく、どんなサービスか?使い勝手はどうか?31日間は無料なので一度試してみて下さい!

U-NEXT 無料トライアルの申し込みはコチラからどうぞ!

無料体験期間中に解約しても、料金はかかりません!

 

31日間の無料体験期間を経過すると有料となりますのでご留意ください。解約手続きは、簡単にできます。

 [ad#ad-1]

ドキュメンタリー映画「東京オリンピック」DVD

ドキュメンタリー映画「東京オリンピック」のディレクターズカット版DVDが2004年に発売されています。購入は、楽天市場でどうぞ!


【送料無料】東京オリンピック 40周年特別記念 市川崑デレクターズカット版/ドキュメンタリー映画[DVD]【返品種別A】

1964年に開催された東京オリンピックの全貌を記録した市川崑監督による歴史的大作がオリンピック・イヤーの2004年にDVD化。日本映画動員記録を持つ[1965]劇場公開オリジナル版に加え、開催40周年の記念すべき年にふさわしく、市川監督自ら再編集を行い、5.1chドルビーデジタル音声を採用した[40周年記念]市川崑ディレクターズカット版を収録した2枚組。

東京オリンピックの模様を収録した映像作品、当時の日本を始め各国の選手達の様子などに密着している。市川崑監督が自ら編集を行った特別版。